在宅医療

在宅医療連携拠点はんのう

埼玉県の75歳以上の高齢者人口は全国一のスピードで増加し、いわゆる団塊の世代の全てが75歳以上となる2025年以降も増え続けていくことが見込まれています。これに伴い在宅医療等の需要が増大することが予想されています。

在宅医療は、最期まで住み慣れた自宅等で自分らしい生活を続けられるよう、入院医療や外来医療、介護、福祉サービスと相互に補完しながら、患者の日常生活を支える医療であり、地域における医療や介護の多職種連携を図りながら24時間体制で提供される体制を構築することが必要です。

これらに対応するため在宅医療連携拠点を設置し、医療・福祉に精通したスタッフが、在宅医療に関する相談に応じています。

登録医・訪問診療医の先生方へ

各種書類ダウンロード
※各種書類は下記よりダウンロードしてご利用下さい。